借金150万円で無職の僕が、来年の4月までに貯金を100万貯めて、オーストラリアへワーホリに行けるだろうか?

現在27歳、無職歴9ヶ月、誕生日(4月1日)まで残り309日!! 毎日更新します!!

SUGIMOTO、ワーキングホリデーinオーストラリアについて調べる

06/幸せについて本気出して考えてみた

 

昨日のブログでも書いたように

熊谷正寿さんの

 

『一冊の手帳で夢は必ず叶う

 〜なりたい自分になるシンプルな方法』

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法

新品価格
¥1,512から
(2016/5/29 21:03時点)

 


を読んで、背中を押された気になった僕は

 

自分のについて

本気を出して考えてみることにしました。

 

下記に、考えた末の僕の夢を

一部ですが紹介します。

 

<夢リスト>

 

1.体重66kg(着衣)をキープしたい

2.会いたい時に、会いたい人に、会える自分でありたい

3.ワーホリ(オーストラリア)に行きたい

4.ブロンドの美女を口説けるくらいの、英語力を身につけたい

5.クラブで華麗にダンスが踊れるようになりたい

6.宇多田ヒカルに会いたい

7.父にロレックスをプレゼントしたい

8.両親に豪華客船(ダイヤモンド・プリンセス)の旅をプレゼントしたい

9.将来的に投資信託や不動産などの資産運用で生活できるようになりたい

10.1億円の資産を持ちたい

11.生涯多くの気の合う友人たちに囲まれて暮らしたい

12.年に2度以上家族や弟たちと旅行に出かけたい

13.全身の永久脱毛をしたい

14.インプラントをしたい

15.常に明るく快活で健康な自分でありたい

16.万物全ての物(人)に感謝できる心を持ちたい

17.生涯、熱く優しい心を持っていたい

18.生涯、誇れる自分でありたい

19.沢木耕太郎の『深夜特急』のように東南アジアバックパッカーとして旅したい

20.グランドキャニオンで朝日を見たい

21.オーストラリアで満天の星空を眺めたい

22.場所に縛られない働き方がしたい

23.大きな病気や怪我をすることなく、生涯現役でいたい

24.自分の半生を綴った自叙伝を出したい

25.生まれてきてよかったと、生きるって素晴らしいと、生涯感じることのできる自分でありたい

 

と、まあこんな感じです。

 

よし、とりあえず夢は見つかった!

さて次は、これらの夢をもっと具体的な目標(数値)に変えて

達成できるように道筋を考えよう。

 

僕はまず、自分が書いた夢の中から

タイムリミット(期限)の近いものを

ピックアップすることにしました。

 

その結果、何よりも優先的に

アクションを起こすべき夢が決まったのです。

 

 

07/オーストラリアにおれは行く!!

 

ワーホリ(ワーキングホリデー)には期限があります。

対象となる年齢が30歳までと決まっているのです。

 

現在僕は、27歳

 

タイムリミットは刻一刻と迫っています。

 

一般的にワーホリの期間は12ヶ月

つまり1年間と決まっているのですが

 

僕が行きたいと思っている

オーストラリアでは

地方地域で3ヶ月以上の季節労働(ファームでの労働)をしたら

セカンドワーホリといって

2年目のビザを発行してもらえるという制度があるのです。

 

どうせ行くなら、できるだけ長く滞在したい。

セカンドワーホリも利用するなら

遅くても28歳のうちには出発しないといけない。

 

この時、僕は漠然と

28歳のうちにワーホリ(オーストラリア)に行くと決めました。

 

さて、そうと決まれば

次はワーホリにかかる費用や必要な手続きについて

詳しく調べてみることにしました。

 

 

08/星空ロマンチスト実際はリアリスト

 

なぜ、渡航先をカナダやイギリスではなく

オーストラリアにしたのかというと

 

以前、テレビの旅番組で見たオーストラリアの星空が

衝撃を受けるほどに美しかったからです。

 

f:id:aka-to-midori04:20160511111350j:plain

 

「いつか絶対に、この満天の星空を眺めてやる」

 

僕はその星空を見るために

渡航先をオーストラリアへと決めたのです。

 

と、まあ、実際のところ

行きたい理由は、星空だけではなくて

 

オーストラリアは

 

・治安がいい(日本並み)

・インフラが整っている(水道水が飲める)

・医療面においても安心(日本語が通じる病院も多い)

最低賃金が高い(最低賃金が約20ドル!!)

 

といった、初の海外生活における

敷居の低さと魅力があるのです。 

 

(オーストラリアでのワーホリに興味がある方はこちらをどうぞ!)

www.jawhm.or.jp

 

 

09/目指せ!100万円!!

 

さて、ワーホリにかかる費用について

いくつかのサイトを巡り、調べた結果

 

大きく分けて"5つの費用"が

必要となることがわかりました。

 

<ワーホリに必要な5つの費用>

 

1.ビザの申請料金 38,000円

ビザがなければその国に入ることができないので、これは絶対に必要。 

2.航空費(片道) 約50,000〜80,000円

もちろん、これも絶対に必要な経費。

3.海外旅行保険 140,000〜200,000円

これは強制ではなく任意なので、必ず入らなければならないわけではない。しかし、渡航先で大きな病気にかかったり、財布やスマートフォンなどを紛失した際は、保険が適用されるので、入っていてよかったと後日談で語る旅行者が多い。

4.学費(語学学校の費用) 1ヶ月約150,000〜

語学学校に通うメリットは、語学(英語力)の向上はもちろんのこと、学校での"出会い"もその一つでしょう。実際、「学校以外で、友達を作るのは大変」という意見も調べていてありましたし、現地のアルバイトやシェアハウスに関しての情報なども得られるので、英語に自信がない方や、現地にコネクションが無い方は通ったほうが無難なようです。

5.生活費 本人次第

現地で仕事が見つかるまでの食費や交通費、またはアパートやシェアハウスを借りる際の家賃や滞在費。これらは多ければ多いにこしたことはありませんね。

 

(オーストラリアにおけるワーホリ費用については、こちらのサイトにわかりやすい説明があります!)

www.wavenetwork.com.au

 

これら5つがワーホリにかかる主な費用のようです。

つまり極端な例でいうと

 

ビザの申請費用と航空費さえあれば

オーストラリアに乗り込むことは可能なわけです。

 

もしも、英語がペラペラで

向こうにコネクションを持っていて

「俺は風邪なんかひかねえよ」という方は

20万円あれば旅立つことができるのです。

 

しかし、残念なことに

僕は英語が話せませんし、コネもありません

身体もわりと弱いので、保険にもしっかりと入りたいです。

 

以上のことを踏まえた上で

ワーホリに行くのための目標資金

 

僕は、わかりやすく100万円!と定めました。

 

まあ、正直なところ

 

「100万あればなんとかなるだろう

 てか、なんとかしよう!」

 

くらいの軽い気持ちで決めました(^-^)

 

 

夢が見つかり

目標とすべき貯金額も決まった。

 

さて、次に考えるべきは課題は

現在ニートである僕が

どうやって100万円を貯めるのか?

 

ということです。

 

「しょうがない、近所でバイトでもするか……」

 

あれこれと考えを巡らせていたある日

母から、一通のLINEが届きました。 

 

 

 

__次回予告

 

1.母の退院、おれ自由

2.僕ら(ニート)の強い味方"バイトル"

3.SUGIMOTO、トヨタで働くってよ

4.振り向けば、ほら、現実

 

この次も、エンジョイ♪エンジョイ♪